FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

中高年の再就職 

再就職を目指そうとしても、今は景気の悪さもあってリストラや人減らしが盛んに行われていて、就職先が見つけづらいようです。

正社員の採用は一定年齢以下に限っているという会社もあるので、特に中高年の再就職は困難を極めています。
中高年が同じ職種に再就職した場合、前にいた会社より賃金が少なくなってしまうのがほとんどです。
そのことが仕事を決めにくくしているともいえます。

中高年で再就職をやりとげるために必要なことは、自分の納得のいく水準を見つけ出せるかどうかです。
職務に実績があることが中高年の再就職では重要ポイントとなります。採用する会社からしても、採用から即戦力になってくれる人材はとても貴重です。
これまでに得たノウハウや技術を大いに利用してください。

会社側の求めと合致するスキルがあれば、意外と早く再就職を決めることができるかもしれません。
堅実に仕事をしていた人ほど、再就職にそれを活かすことができます。
採用が決まったら、心機一転して謙虚な姿勢で仕事に取り組む心構えを持つことが再就職のポイントです。
自己都合ではなく会社都合で退職をしなければならなかったという時は、かつての会社の世話で派遣の登録ができたり、再就職先を探せることがあるようです。
家を支える人が仕事をなくしては、家族も無関係ではいられません。
失業手当が出ている間に再就職先を探すことが、家族が安心して暮らすためにも大事です。

スポンサードリンク

就職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。