FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

就職の選考過程と適性検査 

就職試験を受ける時には、適性試験を初めとして複数の選考を受けます。
就職活動で採用通知をもらうには、適性検査だけでなく、面接やエントリーシートによる選考、ディスカッション形式の試験などの段階があります。


選考過程での結果に一貫性がないとなかなか良い結果に結びつきません。
特に人気企業になると応募者だけでも何千人、何万人にもなる為、ほぼ確実に受かりません。
面接や自己アピールでは押しが強く多弁で自分の考えをまずはっきりと言うタイプだったのに、適性検査では聞き手向きと評されたとします。

直接話した時の印象と適性検査の内容に大きな齟齬がある場合、適性検査の結果が事実と異なるような答え方をわざとしたと思われることもあります。

適性検査とその他の試験の違いがあまりにも大きいと、その時点で不採用になりやすいようです。
適性検査と面接で食い違った人柄になってしまえば、会社としてはどういった人かわかりづらいと思うでしょう。

書類チェックの段階で、就職活動でとても不利な位置に立たされてしまうのです。
就職試験の第一段階である書類選考で無事に残るためには、各書類の内容と適性検査の内容が一致していることは大前提です。

競争率の高い会社で採用されるためには、適性検査でどんな結果が出るかをチェックし、自己アピールや面接で矛盾が生じないようにすることも大事です。

確実に希望する会社の内定を獲得するためにも、矛盾のない書類作成を心がけることがとても重要です。
適性検査はインターネット上の無料判断もありますので、就職試験に臨む前に利用してみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

就職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。