FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

仕事の適性と就職 

仕事の適性を判断する際に難しくなってきていることとして、現代の仕事のバリエーションの多さがあります。
自分の人生において仕事とは何かという見方などに個人差が広がっていることも、その原因のようです。

定年まで一つの企業に勤めたという人は珍しくなっており、多くの人が転職を経験し職場を変えるようになっています。
仕事のあり方も多様化し、そのこと自体が受容される社会となっています。

仕事の仕方の選択肢は、ますます広がる傾向にあります。年功序列や終身雇用といった言葉は使われなくなりました。就職して企業に縛られるより、フリーターや派遣社員、契約社員として働くケースも多くなっています。

その仕事に適性があるか判断ができてから就職したいという方も中にはいるそうです。
しかし、正社員のような安定性が薄いため、好景気の頃はいいのですが不景気な社会では弱点が目につきがちです。

近年の風潮としては、不況のさなかに食いぶちに困ることのないよう、正規の雇用に元で安心して働き続けたいというものがあります。


自分の仕事の適性を知るために、適性チェックを受けてみることは有意義なことです。
今後ともこの経済情勢が続けば、採用してくれる企業を探すのは簡単なことではありません。
人材斡旋会社やハローワークの機能を最大限に生かしつつ、情報誌やインターネットの情報網を十分に活用しながら、適性検査などで自分の能力を生かせる職場を探していってください。

スポンサードリンク

就職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。