FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

転職市場での第二新卒の企業評価基準 

第二新卒は、採用企業側からどのように評価されているでしょう。
採用する会社側が第二新卒に対してどういったスタンスでいるかを知ることは、第二新卒が就職活動を成功裏におさめるためのキーポイントです。


第二新卒にとって転職活動で気をつけなければならないような点は、前の会社を短期間で退職したことをどう評価されるかでしょう。
第二新卒で転職する人に対しては、特に年配の採用担当者は、たった3年も勤められない人というネガティブな印象を持たれている事が多い様です。


第二新卒で転職する人が全てダメかというと決してそういう訳では無いはずです。
3年未満で仕事を変えるだけの説得力のある動機があれば、第二新卒でも問題はないのです。
3年以上、前の職場で働かなかったという現実は揺るぎません。



第二新卒はそれぞれの理由で前の職場を離れ、新たな会社を求めて転職活動に取り組んでいるわけです。
仕事をする事で自分は何を手に入れたいのかという明確な目的が必要です。
新たな仕事を精力的にこなす気があることを相手に伝えることが大事です。

3年未満で仕事を辞めた前歴のある人を雇っても、長く勤める意欲があるのかどうかが、第二新卒を採用した会社が気にするポイントです。
前の会社の時は退職するだけのれっきとした理由があり、新たな転職先では長く働きたいという意志を伝えることが第二新卒者には求められます。

スポンサードリンク

転職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。