FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

中高年の転職のデメリット 

転職活動を中高年になってからしようとしても、なかなか希望通りの職にはつきにくいようです。
では、短所を跳ね返して転職活動をやり遂げるべく、中高年のすべきことは何でしょうか。採用企業側からしてみれば、中高年を雇い入れた場合、若い人より賃金を多く払うことになります。

中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。高い給与を支払ってでも充分にメリットがあると評価されなければ採用に至らないのです。

こういった事情もあり、転職をする際に中高年が心がけることは、会社で生かせる能力があるかどうかです。中高年は判断が硬直化しやすいことも、会社側が中高年を敬遠しがちな理由です。これまで最前線で頑張ってきた中高年の方は、とかく自身の判断が正しいと思いがちです。採用された会社の価値観を受け入れることが難しくなる人も多く、新天地に向かう際は頭を柔らかくして転職活動に勤しむ姿勢が重視されます。

マネージメント力を求めて中高年を採用するという会社は少なくありませんが、企業の意向を正確にくみ取れていない人もいます。マネージメントとは効率よく人を動かし、臨機応変に指示を出し、その時々に応じて適切なフォローをするなど、プロジェクトを管理する能力のことですので、面接の場などでは意識してアピールすることです。プライドだけが高く、新しいことを覚えることが難しいではないかと思われることもあります。中高年が採用面接の場に出る時は、硬直した思考を持たず、転職後新たな環境にもすぐに順応できるだけの柔軟さがあることを訴えていきたいものです。

スポンサードリンク

転職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。