FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

就職面接の質問では志望動機を聞かれる 

就職面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問が、志望動機についての質問です。志望動機の質問について、どのように答えれば就職面接がうまくいくのでしょうか。
希望者が会社に対してどのくらいのモチベーションを持っているか、そしてどの程度の事前知識を持っているかが担当者の知ろうとするポイントです。

企業側は、よく調べていると感じられた場合には自社への志望意欲が強いと判断し、求職者に対して高い評価を与える傾向があります。
就職を志望する会社の商品やサービスはもちろんの事、会社の成り立ちや関連企業について調べてみましょう。中期から長期にかけて設定してある目標や、最近の実績についても情報は入手できます。

インターネットや経済新聞などがあれば、有名どころの経営者であればどんな発言をしているかもわかるでしょう。希望する会社が、この先どのような展開を予定しているか、新たな店舗や販売開始したばかりの商品などについてチェックすることも大事です。

就職面接で、志望する動機について聞かれた時は理由や希望ないようを明確に言葉にできるようにしましょう。就職面接で説得力のある回答をするためには、自分の志望の動機が会社の業務内容や向かう先と合致する点があるようにすることです。単純に興味を引いたからでは動機になりません。

具体的に、どういった内容について自分の動機と結びついたのかを話すと就職面接ではうまくいくでしょう。志望の理由は就職面接ではほぼ聞かれるものという前提の上、事前準備をすることで質問の答えを用意しておいてください。

スポンサードリンク

就職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。