FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

第二新卒の転職事情 

転職活動をする第二新卒が増えている理由に、社会的なものもあります。
不況の中、第二新卒だけでなく一度採用が決まっても内定を取り消すところも出てきました。
多くの企業で新卒採用者の余剰感が強く、第二新卒者の転職は引き続き厳しい状況にあるようです。

第二新卒の転職活動には、キャリアチェンジというこれまでの業種と異なる分野へ転職しようとする動きがあります。
雇用情勢の変化により、未経験での転職は難しい状況でもあります。
たとえ第二新卒であってもすぐに第一線で活躍できる人を希望するという企業の意向を汲み、面接や履歴書の作成ではその点を意識する必要があります。

就職を希望する業種の近年の動きや傾向、自分がその仕事に対してできることをまとめ、これまでどんなことを培ってきたのかをアピールできるようにすることです。
第二新卒の転職活動でも、未経験者を採用する企業は減少しているという事実を把握した上で臨んでください。
このような背景で第二新卒を積極的に受け入れている企業思惑とは、どういったところにあるのでしょう。
熟練のスキルや経験より、勤務実績3年未満という第二新卒に対しては可能性を求めて作用するようです。

基礎的なマナーや常識を一通り身につけており、若さとやる気を兼ね備えている点が評価点のようです。
新たな会社の雰囲気への順応性があり、将来性を秘めている点が第二新卒の強みです。企業の期待に応えられる事は何なのかを明確にアピールすることが、第二新卒の転職成功の大切なポイントになります。

スポンサードリンク

転職 |
お仕事情報メニュー
就活とは
企業に対し手紙による礼状はさらに丁寧なイメージを植え付けられるので、就職内定を得ようと 活動中の方にはぜひお勧めの就職活動の方法です。 就職活動で内定をもらうためには、ガイド本やネットの就職支援サイトにあるお礼の例文を丸写しせず、 自己アピールの場と捉えて自分なりの言葉で書きましょう。 形式に則りすぎている手紙は冷ややかな印象がある場合もありますが、必ずしもそうなるとも限りません。 くだけた手紙や固い手紙か、お礼状の文面は会社の雰囲気に合わせて決めましょう。
スポンサードリンク



また、無事に内定をもらった後に何からかの理由で辞退するという時は、できるだけすぐに連絡 してください。 複数の内定をもらえたからと、もらった内定を断る時に礼を欠くような態度は感心しません。 最後まで相手に敬意を持って、丁寧な態度で接しましょう。 今後いつどこでご縁があるかわからない相手であることには違いはありませんので、就職をしないと 決めた会社でもきちんとした態度を取りましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。